主要稽古内容

休憩を挟みながら約1時間半の稽古を行います。目標を持って、無理なく自分のペースで稽古をすることにより、永く継続することができます。稽古への質問等はお気軽にご相談ください。

※ 詳しい稽古時間・曜日については各道場の詳細ページにてご確認ください

[基本稽古]

「空手の生命は組手にあり、組手の生命は基本にあり」と言われ基本はすべての柱です。

基本をしっかりと稽古することにより体幹が整い、自身の体をうまく操作することができます。

[移動稽古]

基本稽古の動作を移動しながら行います。

足腰のバランスを養うことにより、型・組手につながります。

[型稽古]

白帯から黒帯まで、各級で段階的に型を稽古します。

昇級するためにも型は不可欠です。

[約束組手]

お互いに攻撃技・受け技があらかじめ決められた組手の稽古を行います。安全に自由組手をする為にマスターする必要があります。

[ミット&サンドバック]

自由組手に必要なスピードやパワーを強化するために、各種ミットやサンドバックで突きや蹴りの強化練習を行います。

[自由組手]

実戦的な攻撃・受けの稽古です。突き蹴りの攻防を行い、相手との間合いや技の強弱を実戦の中から学びます。

実力に合った組手の指導をしていますので、誰でも安心して稽古を行うことができます。

《昇級・昇段審査》

※ 基準に達すると審査を受けられ、合格すると帯の色が変わります

入門時

10・9級

8・7級

6・5級

4・3級

2・1級

初段〜