極真会館について

極真空手は創始者大山倍達(1923〜1994)が幼少のころから拳法を学び、1938年松濤館空手の開祖、船越義珍先生の門をたたき、その後、剛柔空手、また他の格闘技を研究、1963年国際空手道連盟極真奨学会極真会館を設立する。

 

その後、世界124ヵ国に1200を超える公認道場を有し、非公認を含めるとその数は1200万を超る会員を有し単独会派としては世界最大にまで発展する。

極真精神は「頭は低く、目は高く、口を謹んで心広く、孝を原点とし他を益する」を基本とし、人種、民族、宗教、思想、政治を超越し、偏見を廃し極真空手を通して世界交流を行い世界平和に貢献する事を究極の目標とする。

又、創始者大山倍達は空手の従来の「寸止めルール」を廃し、直接打撃制ルールによる大会を開催する。現在行われている各流派の直接打撃制空手の大会はこのルールが基になっている。

 

1994年大山倍達が亡くなられた後、国際空手道連盟極真会館はいくつかの会派に別れる。

極真沖縄県支部は全日本極真連合会に加盟し、各会派を超えた交流を持ち、本来の極真空手道を追求するものである。

国際空手道連盟極真会館

自主自立をもった極真会派、各道場が極真連合体を組織し、会派を超えて極真空手の発展を目指し、創始者大山倍達が残した極真空手を正しく継承し普及、発展のために研究、研鑽し、極真空手を通じて人格の陶冶と人間形成を基本理念とし、社会に貢献する事を目的とする。

沖縄県支部は連合会設立の2001年12月より加盟している。

 

社団法人 極真会館 2008年3月

 

社団法人国際空手道連盟 極真会館

http://www.kyokushin-rengokai.com

社団法人 極真会館

大山倍達 総裁

極真理念

極真精神

武道精神

己に厳しく、他人に優しく

武道は人間の精神を救うためにある

 

頭は低く目は高く 口慎んで心広く

孝を原点として他を益する

 

人種・民族・国境を越え、政治・宗教・思想の垣根を越えて、世界人類平和の実現を目指す

極真空手創始者 大山倍達 総裁